FC2ブログ

仕様変更

人気マンガの主人公は、黒髪から金髪に変わると
スーパー サ〇ヤ人になって、ものすごく強くなりますが
あたくしは普段のヘアースタイルから丸坊主になって
頭が涼しくなりました。 散髪に行ったという事ですね。

コロナ禍で人前に出る機会がしばらくなさそうなので
久しぶりに五分刈りにしてもらいました。
「あー、こういうおっさんおるわー」 もしくは
「僧侶っぽいなあ」 という感じになりました。
(よく作務衣で仕事をしているので、いよいよそんな感じです)

最近 頭を使う作業が多かったのですが、もう頭(髪の毛)が
熱くてオーバーヒートぎみで困っていました。
何度ハサミでちょんぎりかけたことか。 ムヒー!ってなりますね。
で、頭がさっぱりしてみると、さすが「空冷」!
早速パフォーマンスが上がった気がします。
この先は 冷えピタやら 氷やらの「水冷」装置も準備済み。
この先の追い込み、および夏仕様にいろいろシフトしてきています。



| その他 | 21:36 │Comments2 | Trackbacks0編集

発掘ネタ

探し物の途中、スケッチブックを発掘。
中に絵本のネタが書いてありました。

「にたもの ことばじてん」

左ページ
「ばすてい」
(ばすに のる ところ)

右ページ
「ぎょうてい」
(ぎょうざ ていしょく)


「無いわ!」と自分ツッコミしました。



| その他 | 21:02 │Comments0 | Trackbacks0編集

ベツバラ式

「甘いものは別腹」とかいいます。
以前、記事か何かで「別腹が科学的に証明される」みたいなのを読みました。
要点的には、脳の認識か(?)で 「おなかがいっぱい」というのは、
「その味にはもう飽きたので入らないよ」という事で、
「でも、違う味なら食べれるよ」というのが「別腹」という感じだったと思います。

で、絵を描いていて、しばらくすると飽きます。
そりゃもう 飽きます。全然ヤル気がなくなります。
そんな時に、もしかしたら「ベツバラ式」に描けるんじゃないかと思って、
描き途中の絵はほっぽって、別の「描いてほしそうな絵」を描き始めます。
するってえと、あら不思議。
全然いなくなっていたヤル気が戻ってきているではありませんか!

多分この「ベツバラ式」は色んな状況に応用出来ると思います。
でも、根を詰めてやっていると、一息ついた後にドーッと疲れが来ます。
もう、それで「本日は終了」になったりしますので、
やっぱり休み休みやるのがいいですね(*^▽^*)



| その他 | 15:52 │Comments2 | Trackbacks0編集

沼と浦島太郎

いやー、ご無沙汰しております。お元気ですよ。
絵の漬物になったり、壺にはまったり 沼にはまったりしてました。

何かに没頭して、気づくとすごい時間が経過してていたり、
アチラの世界に行ったまま帰って来れたりor来れなかったり…、
とかいうのを聞いたりしますが、浦島太郎という方も
そういう感じだったんじゃないかなあ、と思いました。

久々に鏡で自分の顔を見たら、無精ヒゲが真っ白で笑えました。
→剃りました。



| その他 | 20:22 │Comments0 | Trackbacks0編集

三月

世の中大変なことになっておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。

あたくしはちょうど引きこもり(制作)期で、散歩以外は外出せず、
「在宅勤務&テレワーク」…と、今時みたい(?)な感じに聞こえますが、
全くもっていつもとかわらず元気にやっております。

とはいっても、実はこの三月に 先日出版されました「雷のあとに」の著者の
中山聖子さんとご一緒に山口県の二か所の図書館でのイベントの予定があったのですが、
どちらも延期になりまして、久々に帰郷するハズが帰らないという事になりました。
帰りがけ、又は帰ったら行こうと思っていた友人やお知り合いのイベントも
次々延期やら中止やらやら……で、んまあ残念ですがちかたない(T_T)

とかとかで、はりきって引きこもって仕事してます。
ホント 早い事世界が日常に戻りますように。
こういう時は深刻になるとアレですので、とりあえず
どうでもよい画像を貼っておきますね。

_convert_20191127214202.jpg



| その他 | 21:57 │Comments0 | Trackbacks0編集

ペリシアショック

本日ひょんな所から、気になる情報を得まして
ネットでいろいろググってみたところ、どうも本当らしく、ちょっと
だいぶパニクりました(;・∀・)/ え”~~~!

だいたいほとんどの方には関係の無い話ですが、
あたくしの愛用している三菱の(最高級)色鉛筆「ペリシア」が
昨年で生産終了!(→廃版)との事。( ゚Д゚) マジか…。
(市場に出回っているのでお終いらしいです)

一番クレヨンに近い(柔らかい)油性色鉛筆で
個性的なので好みが分かれます。
全部で36色しかありません。(あたくしは困りませんがだいぶ少ない色数)
1本300円します。

とかとかで一般向きではありません。というか、あたくしの周りで
使っている人を見たことがありません。というか、いったい誰が
使っているのかわかりませんが、あたくしは大好きなのです。
今まで色んな色鉛筆を試しましたが、
ぐにゅぐにゅっとして、ぺー!な感じは他に代わるものがありません。

こんなものや

こんなものや
201904201213317bd_convert_20200124210750.jpg
こんなものや
2018080322350885b_convert_20200124210808.jpg
こんなのや
20171001213937af7_convert_20200124210730.jpg
こんなものを描きました。
9784752008828_convert_20190623074859_convert_20200124210653.jpg
今まであたくしが出した本のほとんどじゃないですか!!
(主に輪郭線(黒)で使用。アクリル着彩の上にちょこちょこ
色ペリシアを使用)

んまー、「色」は仕方無いとして、「黒」色鉛筆だけはどうにかなりませんかねえ…。
三菱鉛筆の方いらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いいたします。

とりあえず買いためておくか、いっそ見切りをつけて
新しい代替品を探す旅に出るか…うーん(*_*)



| その他 | 21:59 │Comments0 | Trackbacks0編集

ぶはー

おかげさまで先日の締め切りを無事乗り越える事が出来ました。
で、ぶはーっとしています。
何日かお休みして、ぼちぼち次の仕事をやり始めましたが
まだまだとっても ぶはっーとしています。
暖かい日はぐでーっとなりますし、寒いとぐはーっとなります。
昼間散歩の途中で見た黄色いスイセンが綺麗でした。



| その他 | 21:24 │Comments3 | Trackbacks0編集

カレンダ完売!

ハッピー ハッピー ハッピー!
クリスマスおめでとうございます(*^_^*)

ところで、
「2020岡本よしろうのどうぶつ×3(トリプル)カレンダー」が
完売いたしました。お求め頂きました皆様、
大変ありがとうございました!

つきましてはホームページ上の2020年カレンダーの通信販売は
以上をもって終了させて頂きました。
何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。 <(_ _)>
(んまあ、このブログをご覧の方は既にお手元にあるんじゃないかしら?
とか思いますが「欲しかったのに!ブキャー!」という方がおられましたら
スミマセン…(>_<))

さてさて、今年も残すところあとわずか。
あたくしは締め切りにむけて頑張りまーす!(*^▽^*)



| その他 | 22:00 │Comments0 | Trackbacks0編集

あるある

11月になりました。
各所からの指令(お返事)がなかなか返って来なかったので
10月はカレンダーに引き続き、ねんどやら、ねんどやらを
マイペースでやっておりました。
大変静かなハッピーデイズ。
調子に乗って、手を広げてました所、最近各所から次々と指令が
来て頭がボスン!となりました。

来ない時は来ないが、来る時は来る。

ありがとうございます<(_ _)>



| その他 | 20:52 │Comments0 | Trackbacks0編集

野生

先日カレンダ原画を(今頃!)描き上げまして、只今印刷待ち。
その後、仕事先からの指令待ち~で、自分の年賀状作品作りを始める。
近年の年賀状は立体(の写真)なので、粘土作りやら色塗りやら。
その勢いで来月のグループ展作品にも着手。

当初は、新しいミシンが来てからダーッと作りかけていた布人形を出す
つもりだったのを→ ボツにして、新規で紙ねんどレリーフを始める。
しばし使わないだろうと思って嫁の実家にしまっていた電動糸ノコを
持って帰って、ダー ダダダーッっとやる。 
電動糸ノコとミシンの作業というのはとても似ている。

ねんどをこねこねとか 板をズバズバ切っていると何故かやたらに
子供時代の事が脳裏をよぎる。
5才だったり小学生だったり高校生だったり…。
ああ、そうそう、あの感覚…、みたいな。

思えば近年、仕事だとか仕事だとか締め切りとかで能率やら
効率やら毎日パソコンだのデジタルだのどうとか、コウトカ…。
というのをここの所ずーと 粘土やら木を切ったりドリルってたりしていると
何か野生、のような物が呼び起されてきたんじゃないかしらという感じです。
良いのが出来ると思います。



| その他 | 21:48 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事