FC2ブログ

ぶはー

おかげさまで先日の締め切りを無事乗り越える事が出来ました。
で、ぶはーっとしています。
何日かお休みして、ぼちぼち次の仕事をやり始めましたが
まだまだとっても ぶはっーとしています。
暖かい日はぐでーっとなりますし、寒いとぐはーっとなります。
昼間散歩の途中で見た黄色いスイセンが綺麗でした。



| その他 | 21:24 │Comments2 | Trackbacks0編集

カレンダ完売!

ハッピー ハッピー ハッピー!
クリスマスおめでとうございます(*^_^*)

ところで、
「2020岡本よしろうのどうぶつ×3(トリプル)カレンダー」が
完売いたしました。お求め頂きました皆様、
大変ありがとうございました!

つきましてはホームページ上の2020年カレンダーの通信販売は
以上をもって終了させて頂きました。
何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。 <(_ _)>
(んまあ、このブログをご覧の方は既にお手元にあるんじゃないかしら?
とか思いますが「欲しかったのに!ブキャー!」という方がおられましたら
スミマセン…(>_<))

さてさて、今年も残すところあとわずか。
あたくしは締め切りにむけて頑張りまーす!(*^▽^*)



| その他 | 22:00 │Comments0 | Trackbacks0編集

あるある

11月になりました。
各所からの指令(お返事)がなかなか返って来なかったので
10月はカレンダーに引き続き、ねんどやら、ねんどやらを
マイペースでやっておりました。
大変静かなハッピーデイズ。
調子に乗って、手を広げてました所、最近各所から次々と指令が
来て頭がボスン!となりました。

来ない時は来ないが、来る時は来る。

ありがとうございます<(_ _)>



| その他 | 20:52 │Comments0 | Trackbacks0編集

野生

先日カレンダ原画を(今頃!)描き上げまして、只今印刷待ち。
その後、仕事先からの指令待ち~で、自分の年賀状作品作りを始める。
近年の年賀状は立体(の写真)なので、粘土作りやら色塗りやら。
その勢いで来月のグループ展作品にも着手。

当初は、新しいミシンが来てからダーッと作りかけていた布人形を出す
つもりだったのを→ ボツにして、新規で紙ねんどレリーフを始める。
しばし使わないだろうと思って嫁の実家にしまっていた電動糸ノコを
持って帰って、ダー ダダダーッっとやる。 
電動糸ノコとミシンの作業というのはとても似ている。

ねんどをこねこねとか 板をズバズバ切っていると何故かやたらに
子供時代の事が脳裏をよぎる。
5才だったり小学生だったり高校生だったり…。
ああ、そうそう、あの感覚…、みたいな。

思えば近年、仕事だとか仕事だとか締め切りとかで能率やら
効率やら毎日パソコンだのデジタルだのどうとか、コウトカ…。
というのをここの所ずーと 粘土やら木を切ったりドリルってたりしていると
何か野生、のような物が呼び起されてきたんじゃないかしらという感じです。
良いのが出来ると思います。



| その他 | 21:48 │Comments0 | Trackbacks0編集

昨日の追記

昨日のブログを書いたのち、
第10回リブロ絵本大賞のチラシ?を発見。
こちらの方がより楽しげだったので載せときます。

第10回リブロ絵本大賞のチラシ(PDF)


どさくさにまぎれて「こぱんだえかきうた」もふたたび(*´▽`*)





| その他 | 17:52 │Comments0 | Trackbacks0編集

ありがとう

っと びっくり
ぶろ えほんたいしょう にゅうしょう
はくは
っても
れしいです

「パンダのパンやさん」(金の星社)が
第 10 回リブロ絵本大賞の 入賞作品に選ばれました。
たまたまネットで見つけてビックリしました。金の星社の方も
そうだった様で、こういう事もあるんですね。

リブロ絵本大賞とは・・・
毎年刊行されるたくさんの絵本の中から、リブロ・よむよむ・パルコブックセンター・
Carlova360・オリオン書房・PAPER WALL・あゆみBOOKS・文禄堂各店の
児童書担当者が「広く紹介したい」「強くおすすめしたい」と思う作品を選ぶ
良書発掘企画です。

※10 月 1 日(火)より、リブロ・よむよむ・パルコブックセンター・オリオン書房・
あゆみ BOOKS などでフェア展開予定だそうです。
→ リブロHP

推薦して下さった書店員のみなさま、ありがとうございます!
何か出来る事ありましたら 言うて下さいね。
これからもよろしくお願いいたします。
ついでなので 再掲載「パンダのパンやさんのうた」





| その他 | 16:47 │Comments4 | Trackbacks0編集

未定の予定

ええつと、9月も終わり!だそうですが、いろいろトロトロしております。
ウチの田舎の言葉(?)で言うと、てれんこてれんこしてます。

最近、来年のカレンダーについてのお問い合わせがありました。
が、今年(来年の)はまだ制作中につき、出来ておりません。
なかなか あれやらこれやらで進みが悪くてすみません。

先日街の文房具屋や本屋に行ったら、各種カレンダーが
(時期的に当然ながら)ドヤ―っと出ていて、ヤバいなあと
焦ったりしました。

只今やっていますお仕事の次に ガーッと行く予定ですので
10月中には何とかしたい所です。

今年は「パンダのパンやさん」で動物をたくさん描きました。
それと関係はありませんが、来年のカレンダーも動物ものになりました。
どうなりますか、お楽しみに~(*´▽`*)



| その他 | 21:10 │Comments0 | Trackbacks0編集

優柔不断

最近ひさしぶりに、読み物の装画&挿絵仕事をやっております。

んでもって、ラフ画は通ったのですが、その絵をどう描くか?がとても悩ましい。
ので、結果、とりあえず思いつく事はやってみる作戦になりました。
現在3セットありますが、(同じ下絵を)
1 アクリル 水彩画風
2 アクリル 厚塗り で、
3 が まさかの油絵です。
まさか仕事で油絵をする事になるとは思いませんでした。
(この案が通るかどうかはわかりませんが)

&最近ひょんな事からデジタル絵描きの研究?も始まりまして
休み時間(?)には自作オリジナル作品をちょっとずつ描いております。

という訳で、机の上にアクリル、アクリルメディウム、テレピン、油絵具等、
&ペンタブレットやキーボードが置かれています。
油絵具とアクリル絵の具のチューブは見分けがつきにくいです。
油絵具のパレットは、いろんな所に飛び火して大惨事を招いたりするので
置き場所に注意しましょう、と、思いつつ その辺に置いています。

どれかに せいやあ!(怒)
と、自分でも思いますが、
全部!(キッパリ)とも思います。



| その他 | 21:39 │Comments0 | Trackbacks0編集

バカンス

(ブログ的に)ごぶさたしてます。お元気ですよ。

今月はあんなことやらこんなことやらでいろいろでした。
田舎から姉が急に来たり。

お盆休みもとれまして、近年恒例の「西湖キャンプ&山中湖ツアー」も敢行!

西湖キャンプはまさかの 雨&土砂降り。
あたくしどこに行くのもすごく晴れ男なものですから、なかなかない状況
(キャンプ土砂降り)が、ものすごく楽しかったです(*^。^*)

その帰り、「ぼくたちに翼があったころ」でご一緒しました
樋口範子さんのお宅におじゃましまして、「樋口さんと楽しい仲間たち」と
とても楽しく美味しい時間を過ごさせて頂きました。

樋口さんの(翻訳)最新作
_convert_20190830195911.jpg
もりのおうちの きいちごジュース」 
イスラエルでほぼ50年前に出版されて、今も愛されるロングセラー。
とっても素朴でほのぼのとしています。
(ご興味ある方は上のタイトルをクリックするとAmazonに飛びます。)


とかとか、充実していると、帰って来て追い込まれました。
月末締め切りで、あっはっはー!だ、こりゃ(>_<)



| その他 | 19:32 │Comments0 | Trackbacks0編集

愛と勇気

サインをする時に「宛名はどうされますか?」とお聞きします。
だいたいの場合「~ちゃん(くん)へ」と書きます。

最近「宛名ではなくて、何か言葉を書いて下さい」と言われまして
(もちろん必ず絵も付くのですが)
「座右の銘みたいなもので良いかしら?」というのが何件か続きました。

という事で「愛と勇気」と書きました。

ら、「アンパンマンですね~」と言われました。
そんなつもりは全然無かったのですが、もしかするとそうかもしれません。
大学の卒業アルバムに書いたのが初だったと思います。

絵でも絵本でも、「愛」がなければ始まりません。
エネルギーみたいなもの、の様に思っています。
が「愛」だけだとどこにも行けない感じで、行動を始めようと思ったら
「勇気」がないとどうにもなりません。
いまだに絵本の原画の本描き(本番)を始める時にビビります。
各種逃避活動をしたり、うろたえたりします(毎回)

どうにもあたくしはビビりの生き物なので、
飛ぶ時には「勇気」が必要です。
もうこうなったら(?)「勇気」だけでいいじゃん!とすら思いますが、
やっぱり「勇気」だけでも、「勇気と愛」でもなくて
「愛と勇気」ですよねー、と思います。

もしかしたら、「アンパンマン」のやなせたかし先生も
こんな感じだったんじゃないかしら?
などと、らちもない事を思ったりする夏の夜。



| その他 | 23:15 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事