FC2ブログ

100円たんけんインタビュー

nvCMS_nvsp_id0000447_213220_convert_20190906203248.jpg
3年前(2016年)に出ました 「100円たんけん」
(文・中川ひろたか 絵・岡本よしろう くもん出版)についての
あたくしのインタビュー(!!)が絵本ナビさんに掲載されました(◎_◎;)

本来なら文章の中川さんインタビューが普通だと思うのですが、スター中川さんは
いろんな所に出すぎているので、「今回は岡本さんに」との事だそうです。

とかとかで、先日 絵本ナビ&くもん出版のみなさんが、ウチのアトリエにやって
来られました。せまーい6畳間に嫁と自分も入れて6人!
みなさんとずーと雑談してました。という感じでこれはインタビューだったのかしら?
と思うほど。
というのをインタビュアーの木村春子さんが、上手にまとめて下さっています。
何かあたくし自身は今さら恥ずかしくなって、まだ読めてませんが…(>_<)

という事で長いですがよろしかったらどうぞ。(と小さな声で言う)

→ 絵本ナビ『100円たんけん』岡本よしろうさんインタビュー



| 絵本 | 20:45 │Comments0 | Trackbacks0編集

新刊絵本「あみ」

9784752008828_convert_20190623074859.jpg

中川ひろたかの せいかつかがく絵本 「あみ」 
(作 中川ひろたか 絵 岡本よしろう) がアリス館より出版されました。

この中川さんの”せいかつかがく絵本”というのはシリーズになってまして
第1作目は北村裕花さんが絵を担当されて、「いき」という作品が既に出ています。
なので、この「あみ」は”せいかつかがく絵本”シリーズ第2作目、になります。

いろんな「あみ」について考える、ちょっと哲学っぽさもある(?)絵本です
詳しくは アリス館ホームページ→ 「あみ」 へ。
中川ひろたか先生の文章にあたくしが絵をつけさせて頂くのは、これで
4作品目で、あたくし自身、ホントに先生と相性が良いなあと思います。

普段、新しく本が出来たときは、いろんな事が頭をよぎって
まともに読めなくて、その本自体がどうか”よくわからない”になります。
モノによっては普通に読めるまでに何年もかかったりします。
なのですが、今回、見本が送られてきて、本のたたずまいを見て
良いな、と思い、一読して「いい本だなあ」と思いました。
珍し。(&自画自賛(/・ω・)/)

んまあ、中川さんのお話なので、基本的に間違ナシ!なのですが(笑)
ホント、「あみ」だけで本を一冊作っちゃう(しかも面白い)って、
(中川さん)天才!と思ってしまいます。

等々、うっかりハードルを上げてしまいましたが、オススメです。
よかったら 読んでみて下さいませ。



| 絵本 | 11:56 │Comments0 | Trackbacks0編集

「パンダのパンやさん」

パンダのパンやさん表紙02_convert_20190420121307

新刊絵本「パンダのパンやさん」(金の星社)が出ます。(or出ました)
下町にある(?)パンダのパンやさんの親子が、いろんなお店に
パンの配達に出かける、というお話。

IMG_011_convert_20190420142817.jpg

昨年、中川ひろたか先生作の「おうち」でお世話になった、金の星社
今年で創業100周年!
(初代編集長は「七つの子」「赤い靴」などを作詞の野口雨情さん)
で、上野でイベントもやるのだけれども、なぜかウチにはパンダの絵本が無い!
と、ちょうど一年前の原画展の時にお会いした広報のKさんに言われ、
会社のある上野周辺には老舗の美味しいお店がたくさんありますよね~!
有名人の色んなエピソードもあって……等々、盛り上がってお話してましたら…
こんな本になりました(*´▽`*)
Kさんの熱い想いが、あたくしに憑依して出来上がった作品です。

この本の制作にあたり、台東区内のいくつものお店を取材させて頂きました。
ありがとうございました(^O^)/

→ 金の星社 HP



| 絵本 | 22:32 │Comments0 | Trackbacks0編集

100円たんけんコマーシャル



絵本ナビさんに 
「100円たんけん」(文・中川ひろたか 絵・岡本よしろう くもん出版 )の
CM動画を作っていただきました。
楽しげな音楽やら、動く絵!やら とっても嬉しいですね(*^。^*)

&只今 絵本ナビスタイルで 紹介して頂いてます。 
よかったら見てみて下さいませ(^_^)/

→ 絵本ナビスタイル



| 絵本 | 20:36 │Comments2 | Trackbacks0編集

「かおはめえほん たすけてー!」

たすけてー!_convert_20180803223017_convert_20180803223435

このたび あかね書房より 岡本よしろうの自作(作・絵)絵本
「かおはめえほん たすけてー!」が 刊行されました。
展覧会とかで作っていた、顔はめパネルがなんと、本になりました!

あたくしの自作絵本は以前にも「きょじんとみち」があるのですが、
「きょじんとみち」はプライベートブランドで、ブックオフでしか買えなかったので、
今回の「たすけてー!」 は全国の書店で買える、
(ほぼ) あたくし初の自作絵本となりました。

内容は、大ピンチ!な状況が11パターンあります。
絵本に穴が開いていますので、そこから顔を出して、
「たすけてー!」と叫ぶ、というもの。

tasukete_Interior2B-2_convert_20180803223105_convert_20180803223453.jpg

詳しい内容(?)又はネット販売等は↓コチラ。
あかね書房HP

今回の「かおはめえほん」の制作にあたり、安全性の面から
顔を出す穴がだいぶ小さくなりました。
(間違って頭が入って抜けなくなったりしないため)
なので、大人や顔の大きな人は穴を浮かせてはまりましょう(^o^)/
SNSなんかにたくさんあがると嬉しいですね。

なお、「かおはめえほん たすけてー!」出版を記念しまして
あたくしの地元、横須賀の、まいどおなじみ(?)
「うみべのえほんや ツバメ号」さんの 一階の壁ギャラリーで
「たすけてー!」パネル展を開催! 
20180801_175946_convert_20180803231902.jpg
「私だって遊びたい!」という顔の大きな方のために、
125%で出力した特製パネルを4枚ご用意しました。
20180801_182621_convert_20180803232000.jpg
どうぞ、記念撮影されて下さい。(→拡散希望)
(モデル:うちの奥様)

パネル展の会期は 8/3(金)~21(火) ですがお盆休み等をはさむので要注意。
ツバメ号 ※お盆休み8/8(水)~12(日) 定休:水・木曜日 電話:046-884-8661
等々よろしくお願いいたします。



| 絵本 | 23:15 │Comments2 | Trackbacks0編集

新刊絵本 「おうち」

おうち表紙_convert_20180513221146

”人は、なんで、おうちに帰ってくるんだろう。
~今回は「おうち」について考えてみる。” (帯文より抜粋)

中川ひろたか先生の「はじめてのテツガク絵本」シリーズ(金の星社)
の第4作目、「おうち」の絵を担当しました。

この「テツガク絵本」シリーズは名作ぞろい!のプレッシャーに
ひえええええ!となりながらも、丹精込めて描き上げました。
ぜひ見てみて下さいませ! 

詳しくは↓ 金の星社 ホームページへ
金の星社 HP
昨日今日位から書店店頭に出ている頃と思いますが
上記HPからも購入が可能です。



| 絵本 | 22:08 │Comments0 | Trackbacks0編集

ミニ絵本「しかしか」


本日発売の雑誌「小学一年生」6月号の綴じ込み付録の
ミニ絵本の絵を描かせて頂きました。

表紙を開いてすぐ↓
31369503_1484852794957909_5842637295342367691_n_convert_20180428205310.jpg
「しかしか」
ハガキのタテが短い位のミニ絵本です。
キリトリセンにそって切ると絵本になります。

文章を書かれたのは、「山田県立 山田小学校」やら「山田商店街」やら
書かれた人気作家!の 山田マチさん。

31369787_1484852651624590_5154572083888395386_n_convert_20180428205400.jpg
鹿の歯科(歯医者さん)と、なりゆきで助手になった一年生の
「ぼく」のお話しです。

マチさんは普段から、ご自身の作品を「鼻で笑ってほしい」なんて
おっしゃってますが、そういう所をはじめとして、どうにもあたくしと
相性が良いみたいです。
→ どういう感じか、出来たら読んでみて下さいね(^o^)

ちなみにいろんなオマケと一緒についている別冊付録
「小1ママ&パパのためのお役立ちマガジン はぐくむ
HugKum0618_convert_20180428205337.jpg
に、山田マチさん&岡本よしろうさんの対談(in あたくしのアトリエ)が
掲載されています。お恥ずかしながら…(@_@;)


世の中はGWだそうですね。
ハブ ア ナイス ホリデー!
(あたくしは関係ありませんが)



| 絵本 | 21:40 │Comments0 | Trackbacks0編集

MOE絵本屋さん大賞

DSIwagrUIAAEJrc_convert_20171229093700.jpg
DSIwYxkUMAAjSX8_convert_20171229093634.jpg
昨日発売の 白泉社発行の絵本雑誌「MOE」2月号にて
第10回MOE絵本屋さん大賞2017 の発表がありまして、
「生きる」(谷川俊太郎・詩 岡本よしろう・絵)が 第6位に
入りました。 →絵本ナビスタイル
応援して下さったみなさま、谷川さん、関係者各位に
篤く御礼申し上げます<(_ _)>

谷川さんのコメントにも感激しましたが、「生きる」を絵本にしようとした
一番最初の谷川さんの「思い切って自由にやって」とのお言葉が
全てのはじまり(?)だった気がします。
はじめに言葉ありき?
そこから始まって現在、どうにかこうにかながら
おかげさまで、絵本界隈?で生かさせて頂いております。
僕にとっては「生きる」は「生まれる」でもあったと。

&いつも言う事ですが、この作品は編集さんと、編集部と僕のチームワークの勝利(!)
という感じで、いろんな奇跡や幸運に恵まれて生まれたという感じなので、
本当にこの「生きる」絵本化プロジェクトに参加させて頂けた事は
僕にとって大変ハッピー&ラッキーな事だったと思います。

年明けには表彰式!?なるものがあるそうです。
ちょっとだいぶああいうのは苦手な僕も出席予定だそうです。(@_@;)
ジャケットという類のものを、買いにいかねばなりません。



| 絵本 | 22:49 │Comments6 | Trackbacks0編集

ごはんのにおい

ごはんのにおい表紙_convert_20171001213916

ちょっとパタパタでご報告遅くなりましたが、
新米の季節に、新刊のご案内です。
タイトルは「ごはんのにおい」。 
お米にまつわるお話しや、ごはんの素晴らしさを伝える食育絵本で、
文章はまたしても(?)中川ひろたか先生です。

出版社は「お米どころ」新潟の 「おむすび舎」さん。
社(舎)長さんはもともと食育指導士さんで 「食」の大切さを
伝えるために、思い切って出版社を立ち上げられました。

んでもって「おむすび舎」さんが出された第一作目が
いのちのたべもの」(中川ひろたか 文・加藤休ミ 絵) で
おむすび舎さんにとって本作は第二作目となります。

gohannnonioi_convert_20171017223355.jpg
↑「脳トレ」で有名な東北大学の川島先生に推薦して頂きました!
「朝ごはんがこどもたちの 将来を決めます!」

なかなか置いてある書店さんが少ないと思いますが
書店さんでお取り寄せいただくか、
ハイブリッド総合書店 honto
おむすび舎 HP
などでも購入可能です。
よろしくお願いいたします。



| 絵本 | 23:00 │Comments0 | Trackbacks0編集

レビューコンテスト

Ehon_113730.jpg

絵本ナビさんで「100円たんけん」(ぶん・中川ひろたか、え・岡本よしろう)の
レビュー(感想文)コンテストが始まりました。 とっても光栄でございます。



EhonNavi 100円たんけん レビューコンテスト

詳しくは上の青字↑をクリック。
応募は絵本ナビにメンバー登録(無料)する必要がありますが、
そうするとWEB上で「全ページためしよみする」とか出来たりします。
まだご覧になっていない方や、「100円たんけん」が大好き!という方は
ぜひ見てみて下さいませ。


| 絵本 | 12:12 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事